ブログ

東京都足立区の外壁塗装事情【ご近所への挨拶について】

2018/6/08 金曜日


東京の足立区は東京23区の中では最北端に位置しており、西側から南側にかけては隅田川と荒川、東側は中川など、川の流れが生活の中にある自然環境を持つエリアです。
尚、足立区の人口は2016年10月現在において約67万4,000人の人々が生活を送っています。
区内には首都高速中央環状線や首都高速川口線、首都高速6号三郷線などの高速道路あり、交通網においては都営日暮里・舎人ライナーを初め、東武スカイツリーライン、つくばエクスプレス、常磐線、東京メトロ千代田線などの路線駅が区内にあります。
自然が豊富にあると同時に利便性が高い環境でもあり、マイホームを購入する人の数も少なくありません。
マイホームの中でも一戸建て住宅は外壁塗装を定期的に行っておけば、家の耐久性を高める効果にも繋がります。
外壁塗装を行う目的は、耐久性を取り戻す事、汚れた外壁をきれいに塗り替え美観を新築の時と同じ状態に戻すなどであり、外壁塗装を行う時には周辺に住むご近所さんへの挨拶を行っておく必要があります。
外壁塗装を行う時には、家の周りに安全に作業が出来るための足場を組み立てて、足場の外側に騒音や高圧洗浄時の水の飛び散るのを防止するための養生を行います。
飛び散るのは高圧洗浄を行う時だけではなく、吹き付け塗装を行う時にも塗料が飛び散る可能性があるため、養生で囲む必要があるわけです。
尚、ご近所さんへの挨拶は、塗装業者の人が代行してくれるのが特徴で、工事内容や工事を行う時間帯、工事期間などについて説明をしてくれます。

外壁塗装・屋根塗装各種リフォームのご相談は