ブログ

東京都荒川区の外壁塗装事情【ローラーと吹付け】

2018/5/29 火曜日


荒川区は東京23区の中でも東部に位置するエリア、区内には三ノ輪橋停留場と新宿区西早稲田一丁目の早稲田停留場間を結ぶ都電荒川線の路線駅があります。
かつて東京都内には多くの都電路線がありましたが、都電路線がある事で渋滞を招く事、他の交通網が発達したため、利用者数が減ったなど様々な理由で廃止されていますが、都電荒川線は現存する唯一の都電路線になっています。
荒川区の人口は、約21万4,000人(2016年10月時点)で、1995年頃には一旦人口が約17万7,000人まで減少したものの、以降は年々人が増え続けており、古くから住む人、新しく荒川区に生活の場を求める人が多くいます。
家の外壁塗装は家を守るための大切な工事であり、外壁塗装を行うメリットは、家が新築のようにきれいになる、そして家を守る事が出来る外壁に戻せる点です。
外壁塗装は下地調整と呼ぶ塗装前のメンテナンスが重要であり、下地調整を丁寧に行えば塗装品質の向上に繋がります。
尚、外壁塗装を行う場合の塗装方法には、刷毛塗装、ローラー塗装、吹付け塗装の3種類があります。
どの塗装方法が一番良いのだろうかなど悩む人も多いかと思われますが、塗装の方法は経験から得たノウハウなどで、塗装職人さんが最適な方法で塗装を行ってくれるので安心です。
ちなみに、吹付け塗装は施工が早く出来る、ローラー塗装の場合は、塗料の飛び散るのが少ない、厚く塗る事が出来るなどのメリットがそれぞれにあります。

外壁塗装・屋根塗装各種リフォームのご相談は