ブログ

茨城県牛久市の外壁塗装事情【作業期間について】

2018/8/28 火曜日


牛久市は茨城県の南部にある人口8万4千人ほどの街です。全高120mの巨大な仏像が存在することでも有名な街ですが、東京都心から50kmほどの距離にありベッドタウンとしての機能を有しています。牛久市の内外にも多数の外壁塗装業者が存在します。どの事業者も見積りは無料で行っており、外壁塗装を依頼する際には複数の事業社からサービスの内容と料金の提示を受けて比較検討するのが効率的な方法です。また見積りはインターネットのホームページ上で行うことができる場合も存在します。
一般的な外壁塗装工事の流れとしてはまず足場を組み、外壁や屋根の洗浄を行います。養生やさび止め塗料の塗布を行った後に外壁と屋根の塗装が順次行われます。塗装には下塗り、中塗り、上塗りの3段階があります。最後に雨樋などの塗装を行って仕上げです。30坪から40坪ほどの一般的な住宅で外壁塗装を行った場合の期間は10日前後になります。作業員の数は2名から3名ほどです。
牛久市の周辺にも多数の外壁塗装業者が事業を行っていますが、工事を依頼する際にはサービス内容と料金だけでなく過去の実績や作業員の経験と技術についても確認することが求められます。特に作業員が国家資格である塗装技能士の資格を有している場合には品質の高い作業を期待することができます。塗装技能士には受験資格として実務経験が必要です。牛久市周辺にも7年以上の実務経験を必要とする1級塗装技能士を抱える事業者が存在します。

外壁塗装・屋根塗装各種リフォームのご相談は