ブログ

茨城県守谷市の外壁塗装事情【エアコンについて】

2018/8/14 火曜日


住宅の外壁塗装を行う場合には、同時にエアコンの配管をメンテナンスすることも重要です。
エアコンの室外機から伸びた配管を通すために開いた穴を埋めるパテは、日光や外気の影響で数年が経過すると劣化します。
外壁塗装工事を行う際には足場を組むことになるので、配管やパテなどのメンテナンスを同時に行うのが合理的です。外壁塗装業者では一般的にエアコンの配管やパテについてもメンテナンスを請け負っています。
30坪から40坪ほどの住宅で外壁塗装を行う場合には、およそ8日間前後の日数を必要とします。また作業員の人数も2人から3名が一般的です。作業の手順としてはまず足場を組み、養生などを施した後に外壁の塗装を行います。外壁を塗装した後は、屋根や雨樋などにも塗装を行い仕上げとなります。使用する塗料には耐用年数の違いが存在します。価格の安い塗料を組み合わせて使用し費用を抑えるという方法もあります。一方住宅の各部位に耐用年数が同じ塗料を使用することで、メンテナンスの時期を揃えることができます。

守谷市は茨城県の南部にある人口6万5千人ほどの街ですが、東京都市圏に属しています。地域の周辺では住宅の外壁塗装を請け負う事業者も多数存在します。一般的に見積りも無料で行われています。外壁塗装を依頼する際には、料金だけでなく、エアコンのメンテナンスなどが可能かどうかを確認することも重要です。また過去の実績や作業員の経験なども、事業者を選定する上で重要な基準となります。

外壁塗装・屋根塗装各種リフォームのご相談は