ブログ

茨城県取手市の外壁塗装事情【,塗料メーカーについて】

2018/8/10 金曜日


日本国内には住宅塗装の塗料メーカーが多数存在します。
外壁塗装を行う場合には、塗料の選択が重要です。塗装の料金は基本的に工事面積と塗料ごとに各事業者で設定する単価を乗じて計算します。
アクリル系の塗料が最も安くウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂の順に高額になります。塗料の耐用年数と価格は比例しておりアクリル系は約4年、ウレタン樹脂が約6年、シリコン樹脂は約13年、フッ素樹脂は約18年です。アクリル系など価格の安い塗料を使用することで費用を抑えることができます。
外壁塗装を行う場合には、屋根や雨樋などの塗装を同時に行うのが一般的です。価格の安い塗料を組み合わせるのも1つの方法ですが、耐用年数が同じ塗料を使用することでリフォーム時期を一定にすることができます。外壁塗装を実際に行う場合には、足場を組み数名の作業員を動員することになります。なるべく同じ時期にリフォームを行うことができれば合理的です。

取手市は茨城県南部に位置し、人口10万5千人ほどの街です。東京都市圏にも属しており、ベッドタウンとしての役割も担います。
多数の外壁塗装業者が取手市周辺で事業を行っているので、工事を依頼する際に各事業者の見積りを比較検討することができます。基本的に見積りは無料で行うことが可能です。また外壁の塗装には一定の経験と技術が求められます。料金やサービス内容の他にも、過去の実績や作業員の実務経験なども確認することが必要です。

外壁塗装・屋根塗装各種リフォームのご相談は