ブログ

埼玉県三郷市の外壁塗装事情【デザイン,色について】

2018/6/29 金曜日


外壁塗装の方法にはローラー塗装と吹付け塗装の2種類の方法が存在します。
ローラー塗装の方が塗料の飛散が少なく周辺住宅への影響も小さいことから好まれる傾向があります。一方吹付け塗装はデザインの仕上がりが綺麗で、様々な模様を描くのに適した方法です。また一般的な工期も吹付け塗装の方が短くて済みます。外壁に凹凸があるような場合には、ローラー塗装の方が細かく塗ることができるため最適です。
実際に外壁塗装を行う流れとしてはまず足場を組み、外壁や屋根を洗浄してから養生を行います。その後外壁、屋根、雨樋など順に塗装して仕上げです。30坪から40坪ほどの住宅では2名から3名ほどの作業員を動員しておよそ8日間前後の期間になるのが一般的です。工事の費用は工事面積と塗料ごとの単価を乗じて算出します。アクリル樹脂系の塗料が最も安く、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂の順に高額になります。
外壁塗装に使用される塗料には油性か水性か、特殊な機能を有しているかなどで様々違いが存在します。
また住宅のデザインに適した色かどうかも重要です。クオリティの高い外壁塗装を行うためには経験の蓄積と技術力が必要になります。

三郷市は埼玉県南東部に位置し人口13万8千人ほどの街ですが、東京からも近くベッドタウンとしての性質を有します。多数の外壁塗装業者が存在します。事業者を選定する際には料金やサービス内容に加えて過去の実績や作業員の経験と技術力についても確認するのが合理的です。

外壁塗装・屋根塗装各種リフォームのご相談は