ブログ

東京都江戸川区の外壁塗装事情【住宅ローンの控除】

2018/6/12 火曜日


江戸川区は東京の最東端に位置する行政区、荒川と江戸川に挟まれたエリアで、区内には新中川があるなど、水が流れる風景を楽しむ事が出来る、荒川や旧江戸川が流れ出る東京湾沿岸エリアでは、海を近くに感じる事が出来る生活環境を持ちます。
尚、江戸川区の人口は年々増加しており、古くから住む人々も多いエリアです。
住宅を購入する時には、頭金を用意し、不足している部分については住宅ローンを組む人が多いと言えましょう。
ちなみに、住宅ローンを組んでマイホームを購入した場合、ローン控除を受ける事が出来ます。
ローン控除は、年末時点でのローン残高の1%分、その年に支払った所得税の一部が還付される、翌年支払う住民税が減額されるなどの制度で、ローンを組んだ年から最長10年間が対象になります。
10年間は毎年税金が戻る仕組みになりますが、住宅ローン控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。
但し、確定申告が必要になるのは最初の1回で、サラリーマンなどの場合は2回目以降からは会社で手続きを行って貰えます。
江戸川区の人口は年々増えているわけで、ローンを組んで区内にマイホームを購入する人も多くいます。
外壁塗装は住宅を守るための大切なリフォームで、一般的には10年に1度の割合で外壁塗装を行うのが推奨されています。
人口増加に伴い、外壁塗装を行う割合が多くなっている事も、江戸川区の特徴でもあり、塗装を行う業者を選ぶ時には数社に見積もりを依頼し、金額や対応の良さなどを比較する事がお勧めです。

外壁塗装・屋根塗装各種リフォームのご相談は